キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録


アメリカ不動産投資・フロリダのコンドミニアム

アメリカの不動産投資ですが、
今日は、コンドミニアムについてです。

こっちで、コンド、または、コンドミニアムというと、
要するに日本でいうと、マンションみたいなものです。

ちなみに、アメリカでマンションというと、大豪邸を指します。

で、コンドですが、今、フロリダのタンパでは、
(たぶん他の州も同じだとは思いますが)
値段が、一軒家以上に暴落していて、
最近新しく建ったコンドなどは、ピークのときの
4分の一以下の値段で出ていたりすることさえもあります。

買った人がローンを払えなくて、
担保の家を強制的に取り上げられ、Foreclosure に
なって売りに出されることがよくあり、
そういうときは、すごい安値でマーケットに出るのです。
 
(こちらでは、BANK OWNED PROPERTIES という表現をすると、
こういう経緯で銀行が持ち主になった不動産のことです。)

で、格安のコンドを見ると、あまりの安さに、
思わず、飛びつきたくなることもありますが、
そこで要注意なのが、コンド・フィー。

コンド・フィーというのは、庭や共同の場所の
メンテナンス費で、月々払うものですが、
これが意外と高かったりするのです。

だから、
どんなにコンドミニアムそのものを安く買っても、
そのコンドを投資として貸す場合、
コンドフィーと不動産税、それから、
ローンの利子などを払ってしまうと、
意外と赤字になってしまったりするのです。

そういうところをよく計算しておかないと
後で泣くことになります。

あと、保険のことですが、
コンド・フィーのなかに、コンドの外側の保険は
ちゃんと含まれています。

たとえば、屋根が古くなったりしても、
コンドミニアムの持ち主は修理費を払わなくても
良いのが普通です。

ただ、コンドの中の修理費は持ち主が払います。
たとえば、トイレが壊れた、冷房が壊れた、
そういうのは自分が修理費を払います。

で、実は、わたしも、コンドをひとつ持っていますが、
それは3階の物件のうえ、エレベーターが
ついてないので、貸すのがとっても大変でした。

入り口にはゲートがあって、誰でもは
入れないようになってる安全なところで
交通の便も良い場所にあって、しかも
窓から人造湖が見えて、ほんとに美しいのですが、
いかんせん、テナントの候補者は、
3階にあるコンドを借りるのは嫌がることが分かりました。

女性の一人暮らしには、
3階のコンドは安全で良いはずと思うかもしれませんが、
荷物を持って3階まで階段で上がるというのは、
大変ですものね。とくに、お年寄りが多いフロリダでは・・。 

一階なら借りたいのだけど・・・と
何人に言われたことか。(泣)

だから、投資としてコンドを買うのであれば、
一階の物件、と覚えておいたほうがいいでしょう。
(エレベーターがあるところなら別ですが。)

とにかく、不況時なので、コンドを貸すにしても、
似たようなコンドも、他にたくさんテナント募集していて、
けっこう競争率が高いです。

だから、キャッシュフローがプラスと言っても
一年のうち3ヶ月、ひどいときは6ヶ月くらい
テナントが入らないこともありうる、ということを
考慮に入れておいたほうが無難といえます。

ということで、長くなってきたので、
また、次回。


posted by ちーひめ at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 【アメリカ】

アメリカ(フロリダ)不動産投資

えっと、これから、数回に分けて、
アメリカ(フロリダ州)の不動産投資について、
書いてみたいと思います。

私は、ここ10ヶ月ほどで、
フロリダ内に家を10個くらい買いました。

自分がフロリダに住んでいるので、
良く知っている地域の不動産ばかりです。

自分だけで買った家が数個、
友人と共同で買ったものが数個あります。

そのことをちょっと書いてみます。

わたしは、数年前に、
ロバート・アレンの不動産セミナーを取ったのですが、
そのときに、銀行から、ラインオブクレジット
 【LINE OF CREDIT】と呼ばれるローンをもらいました。

これは、自分のうちを抵当にして、
家の価値の70%とか80%とかを上限として
借りたいときにチェックを書くと、お金が借りられる
というローンです。

わたしの場合は、総合で、
400,000ドルくらいまでなら借金できます。

利子は、プライム・レートで、
(2009年4月の今は3.25%)
2015年まで利子だけ支払えばよいローンです。

今は、もう、こんなローンは欲しくても貰えませんが、
わたしは、ラッキーでした。

で、この10年ローンをもらったのは2005年で
そのころは、アメリカは不動産ブームでした。

すごいたくさんの人が家を買いまくり、
不動産の値段が限りなく上がりそうな感じでした。

しかし、当時私は、土地も家も買いませんでした。
投資としては、どう考えても、値段が高すぎたのです。

買った家を貸しても、
キャッシュフローがマイナスになるので、
いろいろ不動産を探したあげく、あきらめて、
このラインオブクレジットのことは忘れ切っていたのです。

そしたら、去年くらいから、突然、不動産の値段が下がり、
*フォークロージャーの家が増えてきました。
(*ローンの支払いを滞った家が銀行に強制的に取り上げられる)

それで、いろいろ調べて家を買い始めました。

そのときに気づいたことを、これから
何回かに分けて、共有していきたいと思います。

フロリダで家を買うときのコツとか、
投資をするときの考え方みたいなことを、
自分の失敗とかも含めて、
いろいろ共有させてもらいたいと思っています。

ただ、それは、あくまでも、私の感想ということで、
必ずしも、プロの投資家の目から見て良い投資とは
限りませんが・・。

posted by ちーひめ at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 【アメリカ】

相互リンクのお助けソフト:全自動巡回型メールアドレス収集ソフト

全自動巡回型メールアドレス収集ソフト

突然ですが・・・・
SEOのために相互リンクを・・
と良く言われますが、正直言って、
相互リンクを集めるのって、すごい大変ですよね。

お願いに行くのも気が引けるし大変だけど
そもそも相互リンクを募集しているところを
探すこと、そのものにも時間がかかってしまいます。

だから、わたし、やる気なくしちゃって
相互リンク、ほとんどやってません。

そしたら、SEOの専門家の友人が
このbbコレクターを紹介してくれました。

なんと、このツールがサイトを巡回して、
相互リンク先のメールアドレスを集めてくれるんです。

例えば、
ヤフーの登録サイトとかでも、
どのカテゴリーのどの内容かを設定すると
そこにでているメールアドレスを一杯集めます。
グーグルでも、できるようです。

それだけじゃないですよ。

サイトアドレス、
そのURLまでセットにしてくれるんです。


それが、
エクセルでリストされた形で
簡単に出てきます。

あっという間に集まるのには、びっくり。

ただ、そのときのURLは、
メールアドレスがあるページのですから、
そのURLに行って、
相互リンク募集のメールアドレスかどうか
ちゃんと確かめ、
トップページのURLに書き換えないといけません。

ただ、問題は・・・海外に住んでる人です。

私は英語環境のウィンドウズXPを使っていて
エクセルも英語版ですが、そうなると
サイト名が文字化けします・・・。(泣)
理由は特定できませんが、海外のPCだと
多少困難があるかも。

日本の人は、絶賛していたし、
日本語版のエクセルがあれば大丈夫かもしれません。
(まだ試してないのではっきりとは言えません。)

あと、海外にいて困るのは、
海外には送ってもらえないことで、
日本の友人・家族に買ってもらってから
海外に送ってもらうことになることです。

わたしは、どうも怠惰で(おいおい)
相互リンクに励む気持ちがうせてしまったのですが
(ますますおいおい)
沢山相互リンクが必要な人にとっては
すごい時間の倹約になります。

最後に、ちょっと、
bbコレクターのサイトから
機能の説明文を拝借すると、こんな感じ。。。
(ずっと洗練された言い回しだわね・・・・)

bbCollectorはYahoo!JAPANの
各カテゴリを自動巡回してメールアドレスを収集します

◎Yahooのカテゴリを自動検出し
そのカテゴリに登録されているページを
自動登録、巡回します。

◎またカテゴリ検索だけでなく、
キーワード検索の結果も登録し自動巡回ができます。

◎さらに手動でページをめくり、
見つけ出したリンク集からもURLをツリー登録、
一括巡回ができます

◎特定の(複数の)カテゴリだけを探して
アドレス収集ができます

★巡回開始カテゴリを指定したあとは、
全自動!何時間でも巡回を続けます

★目的に応じた精度の高い収集が可能!
特定業種・特定地域のマーケテイングに最適!

ヤフーだけでなく、グーグルでもできますよ。

興味があるならば、買う・買わないは別として
参考に見てみても面白いかもしれません。

興味があるなら
以下のバナーをクリックしてみてくださいね。

全自動巡回型メールアドレス収集ソフト
 
posted by ちーひめ at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | ネットビジネス

株??バンガード(Vanguard)のファンドについて

えっとー、株の話ですが・・・

ちーひめがファンドを買っている会社は
前にも書いたけど、Vanguard というところです。

日本語のサイトもあります。

http://www.vanguardjapan.co.jp/about/about00.html

ここは、買ったり売ったり頻繁にする人には向きませんが
長期投資を考える人には、とてもいいです。

で、日本語サイトはイマイチなんですが、
英語のサイトはホントに面白い。はまります。
ここは、早くから WEBを充実させたことが実り、
各種の質問にほとんどサイトが答えてくれるため
維持経費が本当に安いです。

英語のサイトはここ: 

http://www.vanguard.com/VGApp/hnw/content/Home/Portal.jsp

ここの、Go to Personal Investors site to explore or log on »
というところをクリックして、Research Funds and Stocks を選び、
Narrow your fund choices を選んで質問に答えていくと、
自分にぴったりのファンドまで紹介してもらえます。

(御免なさい!色つきのところをクリックしても、サイトには飛べません!)

そのほか、ファンドにはどんな株が入ってるのか、
また、過去10年のパフォーマンス、値段の変化、などが
全部グラフで出てきます。S&P や ダウ の動きも
同時にグラフで見ることもできます。

とにかく、面白いです。

ということで、またねーー。うはははは。

ちーひめ

posted by ちーひめ at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株、ファンド、投資

日本の不動産に投資はいかが?センチュリー21

私はフロリダで働いているのですが、
うちの会社の社長(台湾人)の友人は、
日本でマンションを7つくらい持っているそうです。
家族一人一人の名前で買ったそうで、同じ建物の中に
その7つのマンションが入っているそうです。

彼らは毎年日本に旅行に行くそうですが、
日本円を持っていかなくても、
マンションを貸したお金をおろして使うそうですし、
ホテルがなくても、自分のマンションのひとつに
一ヶ月くらい住んでしまうのだそうです。

都心にあるマンションなのに値段も手ごろで、
場所がよいから貸しやすいと言っていました。

今は、日本の土地も家も安くなりました。
最近帰国した友人も、
日本の不動産が安くなっていて驚いたと言っていました。

日本の人は、一度家を買うと一生そこに住むという感じで
家や不動産を投資と考えている人はあまりいないみたいですが、
アメリカの人は違います。

家をとりあえず買い、それを売っては、より大きい家に引っ越します。
値段が上がって利益があがるし、これは、投資にもなっています。

日本でも、自分の家に投資したり、インベストメント用に
不動産を買ったりするのも、今の値段ならやりやすいかも。

それで、家や土地を探すなら、センチュリー21はいいですよ。
アメリカでも不動産関係では有名な会社です。

興味ある人は、クリックしてみてくださいね。

posted by ちーひめ at 02:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 【日本】
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。